日本の文化を知る

桜の国としても知られる日本は、文化と民族が均質な国であり、世界でもユニークで奇妙な文化がたくさんある国です。 この国のいくつかのユニークな文化的特徴を探ろう

1.着物-日本の伝統的な衣装

アオザイを持つベトナム人が伝統的な衣装であるのと同じように、日本には着物衣装があります。 着物とは、「着る服」または「和服」を意味するハーモニーを意味します。 女性用の着物は一サイズのみで、体型に合わせて衣装を着る必要があります。 長袖と半袖の2種類があります。 着物衣装のモチーフは手作業で丁寧にこだわっており、大騒ぎです。 着物は通常、休暇中にのみ使用されます。

2.茶道文化

茶道は、12世紀末頃から発展した日本文化の中でお茶を楽しむ芸術です。 わずか1杯のお茶で、日本人は一杯のお茶に心を込めました。 茶道の精神は、4つの音節、ガラス、酒場、そして大統領によって知られています。 平和は平和であり、尊敬は上記の人々への敬意、愛する友人、子孫、つまり純粋で純粋であり、帰化はレジャーティーの最高の審美的限界です。 日本に足を踏み入れたなら、着物を着てお茶を楽しむのも忘れずに。

3.サムライスピリット

サムライについて言及するとき、人々は戦闘の前に後退するのではなく、強力な戦士を思い浮かべます。 サムライは、主に対する絶対的な忠誠、偉大な戦士の戦いの意志で有名です。 今日、武士は亡くなりましたが、その精神は決して失われませんが、それはすべての日本人男性にまだ存在しています。 日本の文化に染み込んでいるようです。

4.日本のコミュニケーション文化

日本人は儀式とルールを非常に真剣に受け止めています。コミュニケーションにおける不文律は、「下の人」は常に「上の人」に最初に挨拶しなければならず、その規定によれば、年上の人は若い人の上の人、男性は上の女性、男性の先生は上記の人(年齢、状況に関係なく)、ゲストは上の人…

日本人は次の3種類の弓を使用します。

サイケレイタイプ:ゆっくりと腰を低く曲げることが最高の形で、敬意を表し、神道のお寺の前、仏教寺院、国旗の前、天皇の前でよく使われます。

-通常の弓:私の体は20-30度曲がり、2-3秒とどまります。床に座って挨拶したい場合は、手のひらを上に向け、手のひらを上向きに10〜20 cm離し、お辞儀を床から10〜15 cm下げます。

-弓のタイプ:身体と頭が約1秒間わずかに頭を下げ、手は横向きになります。日本人は一日に何度かお互いに挨拶を交わしていますが、式典に敬礼しなければならないのは初めてで、次回は少しお辞儀をしました。

5.日本文化の奇妙な特徴

日本の文化には、多くの観光客を驚かせたものがたくさんあります。

-中に入る前にビーチサンダルを脱いで、軽いスリッパを履いて中に入る。

-すぐにありがとうと言ってください。

-魚のようなローフードを食べます…

-テトのギフトと中秋のプレゼントを贈る習慣

-ブラインドラーメンやそばを食べることは、日本人がそのように食べるという考え方に基づいて、料理が非常においしいことをシェフに示しています。

-和式トイレは、トイレに行くとき、電源を入れるか、電源を切るかわからないので、実際に電源を入れます。

-日本にいるときのアドバイスはしない

日本の文化は伝統文化と現代文化の交差点の例です。全国的に物質的・精神的に社会の発展を生み出してきた文化。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Hotline: 0945 319 669(Zalo)
Inbox fanpage